logo_dgx3.png
提出締切
11/30(Fri)
ワールド名「VR Architecture Contest 00」でpublic化しています!!
​※VRChatをはじめてする人はこちらからVRChatを無料インストールしてアカウントを作ってください。
HMDがなくてもデスクトップモード入れます。
​※Android端末で上手く見れない場合はブラウザを「PC表示」にしてご覧ください。

「VR建築」って?

「VR建築」は、VR空間上に建てられた建築っぽいものです!

現実の建築とは違って、モデリングさえできれば誰でも建てることができます。

「VRChat」って?

なぜVRChatでやるの?

VR空間を複数人で楽しむことができる無料のソーシャルVRアプリです。 様々な分野のクリエイターが日夜集まって盛り上がりをみせているので、注目度が抜群! VR機器がなくても、デスクトップモードでのプレイも可能です。

​どうやって建てるの?

お好きなモデリングソフトとゲームエンジンのUnity(5.6.3p1)があれば建てられます。

残念ながらVRChatが未対応のためUE4の使用はできませんが、将来的な対応を期待しています。VRChatへのモデルアップロードは運営が行います。

審査員長

番匠 カンナ さん
(バーチャル建築家)

@Banjo_Kanna 

審査員

moz さん
(建築Viz系フリーランス)

@momomo_moz 

審査員

VoxelKei さん
(時空間転送士)

@VoxelKei 

​審査員長より

審査委員長の番匠カンナだよ~

このコンテストの目的や募集テーマ「バーチャルな家」についてちょっと書いてみるね

 

・・・・・

 

ここ1年くらい、VR(Virtual Reality)っていう言葉が日に日に身近になってきてるよね

数万円で十分楽しめるHMD(Head Mount Display)が出てきたことや、Vtuberの流行、VRChat等ソーシャルVRへの注目などで、ようやくVRがみんなのものになりつつあると思う

 

結果として自分のアバターをつくり始める人が続出するという過激な時代に入った2018年だけど、よく考えるとアバターに限らず、自分たちが住む場所、遊ぶ場所、仕事する場所もVRなら気軽につくれるってことだよね?

モデリングさえできれば、そしてゲームエンジンをちょこっと触れるようになれば、VR上の空間は年齢職業関係なく誰にでもつくれる!

そしてバーチャルな空間だって、人々がそこで多くの時間を過ごすようになれば「リアル」と呼べる日がいつか来るよね

 

 

というわけで…

 

 

この「VR建築」コンテストは、誰もが軽率に空間をつくる未来を先取りするもの!!

とにかく自由に家をつくって、集まった家で好きの詰まったVRのまちを作ろう

 

現実では不可能なアイディアもよし、リアルな表現を求めるもよし、学校の課題でつくった3Dモデルでも、過去につくった何かでも、真面目も、お遊びも何でもよしだよ〜

 

そしてVRやゲームエンジンに触れたことのない人にこそ、チュートリアルをたくさん用意したから、ぜひこのコンテストを通して学んでほしい!簡単だと知ってほしい

 

これを機にVR空間に飛び込んでみたら、未来の空間がきっと見えてくるよ

 

 

―― 番匠カンナ(バーチャル建築家)

​スケジュール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now